BLOGS代表ブログ

「声の材料」を鍛えれば声は良くなる!①2018/08/13

声も材料も吟味が大切!

究極の料理。
それは、最高の素材と料理人のアイディア、そして食べる人を思った無償の愛が織りなすコラボレーションである。


ボイトレスクールのブログでいきなり料理の話から入りましたが、上の料理のお話し、良い声を作るという点においても決して無関係ではないのです。

良い声を作るためには、「声の材料を知り、鍛える」事が大切です。
声の材料は大きく分けて2つあります。今日はその2つの材料のうちの1つ「声のエネルギー」について解説していきます!

声の材料1つめは、「声のエネルギー」

1つ目の材料は、声を出す為のエネルギーすなわち「息」です。

ここに2台の車があります。どちらが早いでしょうか?

一台は、どこにでもある中古で30万円15年落ちの軽トラック
もう一台は、数千万円する最新型のスポーツカーです。

答えは、言わずもがなスポーツカーですよね。
ところが上記の質問、以下の様な条件が付いていたら本当に早いのはどちらでしょうか?

この車共にガソリンが入っていませんでした。

なので、軽トラックにはガソリンを入れます。しかし、スポーツカーにはガソリンを入れません。

さて、早いのはどちらでしょうか?って、答えは軽トラに決まってますよね!
そもそも、スポーツカーはエネルギーがないので走ることが出来ません。早いかどうか以前の問題です。

これは、声にも同じ事が言えます。
声を出す上でも、最も重要なのがエネルギーです。そのエネルギーとなるのが、声の材料の一つ目「息」なのです。

声のエネルギーである「息」をコントロールする力をつけよう!

車のアクセルは1km/h単位の細かいコントロールが出来る様になっています。

止まるか300km/hのどちらかしかスピードが出ない車。
こんな乗りたいと思う人は居ないと思います。
細かいコントロールが出来ない車は恐ろしいと誰もが分かっているからです。


ボイストレーニングは「小さい声しかでない身体を大きな声が出る身体に変えていく物」と思っている方が多いのですが、これは違います。
当然大きな声が出るようになるのは大切ですが、最も大切なのは声のボリュームをコントロール出来る様になることです。

声優や俳優さんは、全力の必殺技を出す時の叫び声から、異性をうっとりさせる甘いささやき声まで完璧に出せる様にならなければお仕事は貰えません。
ビジネスの場でも、大人数がいるプレゼンテーションの場で出す大きな説得力のある声も、取引先と一対一の時に出すやさしく安心感を与える声も適切なボリュームになっている事で出すことが出来、これにより信頼度がグッと増すのです。

そして、その息を沢山取り込み、適切にコントロール出来る様にするためにあるのが、「腹式呼吸」なのです!

声の材料1つめは、声のエネルギーである「息」!コントロール出来る様にすることが大切!

当スクールでは、「息のコントロール」を意識した「腹式呼吸」についてレクチャーしています!
もちろん今後、このブログでもそのやり方を解説していきますが、「百聞は一レッスンにしかず」ということで、無料体験レッスンを絶賛受付中です!

「無料なのにここまでしてくれるの!?」と話題の当スクールのレッスンは受けるだけで価値があります!
間違いなく満足頂ける当スクールの体験レッスン、ぜひ皆様のご参加をお待ちしております!

このサイト内の無料体験レッスンの申し込みフォームから簡単にお申し込みいただけます!分からない事があればお問い合わせフォームまたはkoe.voicetraining@gmail.comまでお気軽にお問い合わせくださいね!

シェア!